【Excel 関数】複数条件を指定して合計するには?「DSUM (ディーサム) 関数」の使い方紹介!

Excel 関数
スポンサーリンク

Excel 関数で2つの条件を指定して合計したいと思うことはないだろうか。

例えば、日付と仕入先を指定して合計する場合、DSUM (ディーサム) 関数を使うと便利だ。

今回は、Excel 関数で2つの条件を指定して合計する方法を紹介したい。

スポンサーリンク

Excel 関数で2つの条件を指定して合計する方法

Excel 関数で2つの条件を指定して合計するには、DSUM 関数を使用する。

DSUM 関数の形式

DSUM 関数の形式は、以下のとおり。

=DSUM(データの範囲,列見出し,条件)

※「DSUM」の入力の際は、「=dsum()」のように小文字でもOK

 

実際の操作方法は?

例えば、以下のエクセル表で、商品名が「PC」、仕入先が「A商事」の2つの条件に該当する支払金額の合計を取得したい。

最初に、支払金額の下の J3 セルで、「=dsum(」と入力する。

 

このあと、「データの範囲」(データベース) として、左側一覧表のセル A1 から F6 までカーソルを合わせると、セル J3 に「A1:F6」が自動入力されるので、続けて「,」を入力する。

 

次に、「列見出し」(フィールド) として、セル F1 「金額」をカーソルで選択すると、セル J3 に「F1」が自動入力されるので、続けて「,」を入力する。

 

最後に、「条件」(条件) として、セル H2 から I3 を選択すると、セル J3 に「H2:I3」が自動入力されるので、続けて「)」を入力して「Enter」キーを押す。

 

支払金額が表示された。

コメント

タイトルとURLをコピーしました