【Excel 用語】エクセルでよく使う「降順」と「昇順」の違いは?

IT 用語

エクセルでよく使う「降順」と「昇順」ってよく聞くけど、どう違うのだろう?

今回は、降順と昇順の違い、覚え方について調べてみたので、紹介したい。

降順と昇順の違い

降順と昇順の違いは、以下のとおり。

値の小さい方から大きい方へ順に並べる昇順(しょうじゅん、英: ascending order)を指すことが多い。その反対に値を大きい方から小さい方へ順に並べることを降順(こうじゅん、英: descending order)という。

引用元:Wikipedia

降順と昇順の覚え方

降順と昇順の覚え方は、階段の上り下りでイメージ化すると覚えやすい。


 

降順:階段を降りるイメージ ➝ 5階、4階、3階と数が減っていく。
昇順:階段を昇るイメージ ➝ 1階、2階、3階と数が増えていく。

アルファベットの場合は、「降順」は、z,y,x…..、と後ろから数え、「昇順」は、a,b,c…と前から数える。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、降順と昇順の違いと覚え方について紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました