PR

「お墨付き」(おすみつき) は、どういう意味?由来は? 例文も紹介!

ことばの意味・違い
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

お墨付き」って聞くことがあるけど、どういう意味なのだろう?

お墨付きの由来は?」「お墨付きの使い方は?

そういう疑問に対して、今回は、「お墨付き」の意味、その由来について紹介したい。

スポンサーリンク

「お墨付き」の意味

お墨付き」とは、「権威のある人や権限のある人の承諾のこと」。

権力ある人や権限のある人の承諾や保証などのこと、またはそれを記した文書のこと。

引用元:Weblio辞典

「お墨付き」の由来は何?

お墨付きの由来は以下のとおり。

墨印の押してある文書。幕府または大名が証明のため臣下に与えたもの。

引用元:新世紀ビジュアル大辞典 P366

つまり、元々は、幕府または大名が証明のため臣下に与えた分書で、墨印が押してあったため、「お墨付き」という言葉が、権威のある人の証明という意味合いになったようだ。

「お墨付き」の例文は?

地位のある人が認めているので安心です、というときに使えるので、以下のような表現ができる。

「〇〇専門家の田中さんお墨付きです
「それは、その企業からお墨付きを得たも同然だ」
「それが大丈夫か、お墨付きをいただきたい」

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「お墨付き」についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました