【Excel 用語】エクセルでよく使う「オートフィル」とは?

IT 用語

オートフィル」は、特に、エクセルでよく聞く言葉だが、どういう意味なのだろうか?

オートフィルを使いこなすことで、エクセルでのデータ入力がラクになり、効率アップにつながる。

今回は、オートフィルについて紹介したい。

「オートフィル」って何?

オートフィルは、英語の「autofill」の訳語で、その意味は、以下のとおり。

Autofill is a function found in some computer applications or programs, typically those containing forms, which prefills a field automatically and can save a user time.

(Autofill は、一部のコンピューターアプリケーションまたはプログラム(通常はフォームを含むもの)に見られる機能であり、フィールドを自動的に事前入力し、ユーザーの時間を節約できる)

引用元: Wikipedia

つまり、オートフィルとは、フィールド (Excel では、行方向や列方向のひとまとまり) を自動的に事前入力できる機能のこと

オートフィルで使用できるパターンは、以下のとおり。

規則性があり、連続したデータ
数字や番号 (1、2、3、4…)、日付 (6/1、6/2、6/3…) 、曜日 (日、月、火、水…)、月 (1月、2月、3月…) など

 

オートフィルの使い方は?

以下のように、連続したデータ (例えば、「1」、「2」) を選択してから、セル右下にある小さい■「フィルハンドル」にカーソルを合わせると、十字マークが表示されるので、そのままカーソルで下にドラッグする。

 

オートフィルで数字が1から10まで順番に入力された。

 

同様の操作で、1月から10月、日曜日から火曜日まで連続して入力することができた。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、オートフィルついて紹介しました。参考にしていただければと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました