【正規表現の基本】ワイルドカードとは、どういう意味?

正規表現

ワイルドカード」は、トランプ (他のカードの代用となる特別なカード) やスポーツ (スポーツ競技における追加の特別参加枠(制度)、もしくはその対象者や対象チームのこと) でよく聞く言葉だ。

では、テキスト処理における「ワイルドカード」は、どういう意味なのだろうか?

今回は、ワイルドカードについて紹介したい。

そもそも「ワイルドカード」って何?

ワイルドカードは、英語の「wildcard」または「wild card」の訳語で、その意味は、以下のとおり。

(computing) A character that takes the place of any other character or string that is not known or specified.
If the character * is acting as a wildcard, then the pattern a*m matches each of the words amalgam, atom and alum.
((コンピューティング)既知ではないか指定されていない他の文字または文字列の代わりとなる文字
文字*がワイルドカードとして機能している場合、パターン「a * m」は、「amalgam」、「atom」、および「alum」のそれぞれに一致する)

引用元: Wikipedia

つまり、ワイルドカードは、指定されていない文字または文字列を表す

例えば、Windows で使用されるワイルドカードは、以下のとおり。

」(アスタリスク):. (ピリオド)を除く0文字以上の文字列に一致。
」(クェスチョンマーク):. (ピリオド)を除く任意の1文字に一致

 

ワイルドカードと正規表現との違いは?

ワイルドカード
特殊文字の数が少なく、機能もシンプル。

正規表現
特殊文字の数が多く、機能も豊富で複雑。

※正規表現の意味については、以下を参照。

【正規表現の基本】正規表現とは? 正規表現で何ができるの?
「正規表現」という用語は、テキスト処理では馴染みのある言葉だが、どういう意味なのだろう? 正規表現の使い方が分かると、通常の検索置換よりも複雑なテキスト処理ができるので、何かと便利だ。 今回は、正規表現とは何か、どういうことがで...

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ワイルドカードついて紹介しました。参考にしていただければと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました